愛と節操のなさ。

当面やる気なし。
↑のタイトル募集中。

スポンサーサイト

2011.02.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

報告。

2010.06.07 Monday 22:02
 
ネット環境復旧しました。いろいろご迷惑かけてすみません。
雑記 | comments(0) | trackbacks(0)

暗い。

2008.08.14 Thursday 17:20

フツーに暮らしてるがなんかの拍子で暗くなる。
この前の休みの昼に回転寿司行ったのだけれど、
なんか客たちが、ネタをどんどん頼むのね。
握ってる人は2人しかいなくて、
もう8個くらいネタの注文が詰まってて、
明らかにいっぱいいっぱいなのに、
それでも平気でネタを注文する。

なんで全体を見渡せないんだろう?
注文をこなすのにいっぱいいっぱいで
(その許容範囲すら越えそうなのに)
回すための寿司なんか握れた状態じゃない。
結果、注文する本人たちにも弊害が出てくるのはわかりきってるのに、
自分で自分の首を絞めているのに、
それにまったく気づかず注文し続ける。
もうなんか、
「自分さえよければいい」という概念すら超越している状態。
「思いやる」という仕組みが脳の中に存在しないような。
それを見てて、薄ら寒くなった。
人間という生き物を見ていて反吐が出そうになるのはこういうときだ。


戦争が起きる、起きるとよく騒ぐけど、
「起きる」んじゃなくて、
我々自身が起こすんだと、こういうときに思う。
自分たちが、この手で、戦争を起こしてしまうのだ。
そして自分たちが起こしたということにまったく気づかないのだ。
回転寿司でそれを垣間見てしまった感じ。

今思い出しても、薄ら寒い。
雑記 | comments(1) | trackbacks(0)

なんだか止まってますが。

2007.09.04 Tuesday 00:10
とりあえず更新記録用に使ってますが、
いろいろ近況などを書くのは
数年前からミクシィがメインになってます。

気になる方はそっちのほうでよろしくということで。

雑記 | comments(0) | trackbacks(0)

いん・あうと

2007.05.03 Thursday 11:34
いん・あうと、更新したようです。
http://po-m.com/inout/
雑記 | comments(0) | trackbacks(0)

戦争の話

2007.04.14 Saturday 13:58
国民投票法案がなんたらかんたらなのですが
まー、そんなのはこの前の衆議院選挙の結果を踏まえれば
わかりきったことなので今さらだったりする。今頃騒いでも遅い。

個人的には2014年前後にきな臭い話が起こると思っていて、
国民投票の実施が早くて3年後、2011年なので、予測としては妥当なところですか。
あと、その間に、インターネット規制が始まると思っている。要は世論封鎖だ。

戦争自体は蚊帳の外として行われるのかな。
「蚊帳の外で」ではなく、「蚊帳の外として」。
「なんか日本、戦争やってるみたいだね」と、
日本国民がそのように思う、ように。他人事のように、思わせるように。
そういう戦争。そういう情報操作。

雑記 | comments(1) | trackbacks(0)

中也賞

2007.02.23 Friday 09:31

望月遊馬さんの「海の大公園」は、
中原中也賞逃してしまった。残念。
最終選考までは行ったみたいです。

http://www.chuyakan.jp/09syou/12/09main12.html

あともう少し。残念だった。
ちなみに詩集は↓で買えます。
http://www.poetry.ne.jp/books/show.php?id=294

雑記 | comments(1) | trackbacks(0)

たもつさんの詩集。

2006.12.21 Thursday 19:33

PJの在庫が10冊切ったそうです。
手元の在庫も残り少なく、
とりあえずあと10冊ほどPJに再送しますが、
だいたいそれでおしまいです。
ここ見てる人はたぶんもう購入してると思いますが、
もしまだな人は、この機会にぜひ。
もしかしたらもう入手できなくなるかもしれません。

購入は↓よりどうぞ。
http://poenique.jp/kotodama/poe/poe01/poe01.htm
雑記 | comments(0) | trackbacks(0)

詩学の選者

2006.11.21 Tuesday 14:09

12月までだと思ってたら今月で終了とのこと。
まだちょっと早いけど、ありがとうございましたと各位に。

雑記 | comments(2) | trackbacks(0)

いくつか。

2006.10.22 Sunday 20:33
んとまず、10月のぽえ。の、りりこさんの作品間違ってました。
すみません。訂正してあります。

ほろほろと。

詩学の撰者は、あと2回くらい。今年いっぱい。
まだちょっと早いけど、いろいろ経験させてもらいました。
ありがたいことです。どこかへ還元できればと思う。

んで、ぽえ。は、あと1回。今月末締め切りので第三期終了。
12月には、べすぽえ。発表予定。
次回の撰者は川口晴美さんにお願いしたいと思ってるけれど、
まだいろいろ連絡取れず。上手くいきますように。

あと、詩学社からちょっと原稿依頼受けてます。
少し難しいやつだけど、まー、俺なりに。俺のスタンスで。
掲載はたぶん12月号かな?
つか、締め切り間に合うのか?(笑)
雑記 | comments(1) | trackbacks(0)

少し。

2006.09.25 Monday 11:17
ぽえ。の選評で「すごい場所ですね、ここは。」なんて書かれているけれど、
それはもちろんうれしいのだけれど、
“poenique”がすごいとは思われたくない。
そうではなくて、ネットという場全体が、すごいと思われたい。
あるいは、そんな感想が起きないような状況になって欲しい。
「詩はどこにあっても詩でしかない」と、
何年も前からいつも思っている。

ネット上の詩、状況に対する他媒体からの批判は、
もう、頓珍漢な内容のものはなくなってきていて、
それはそれで正鵠を失していないのだけれど、
でも、それがすべてじゃないんだよ、と、言いたくて、
ぽえ。なんかやってたりする。
潜在性を顕(あらわ)にしたいのだ。
以前、城戸さんが発した、
「インターネットはまだ何も成し得ていない」という言葉が張り付いている。

わざわざ紙媒体の詩人を選者に据えるのも、
ちゃんと知って欲しいと思うからだ。
選者を受けてくれた人たちが、
どこかにその経験を持ち帰って、
語り継いでくれることがあるのならば、
それはもう、ネット上の詩にとって、
充分な財産になると思っている。
ネットの中だけで完結するのならば、
澱んでいくだけだと思っている。

そして別に紙なんか無視して新規に構築していくのもかまわない。
それはそれで大切なことだ。
俺がその道を選んでいないだけであって、
やり方はいろいろある。
雑記 | comments(4) | trackbacks(0)